電設資材のスペシャリストが、創業67年の知識を経験でサポート!!何でも聞いてください!!

本吉電機株式会社

TEL 0766-22-3108

FAX 0766-22-8175

久しぶりに予定が無い休みだったので、山中温泉『鶴仙渓遊歩道』までドライブに出掛けてきました。鶴仙渓は、漂泊の俳人・松尾芭蕉が八泊九日にわたる長逗留をしたほど名湯と絶賛し、「行脚の楽しみ、ここにあり」とひと節うたうほど、奇岩が列をなして、淵にただよう水とのコラボレーションがすばらしい景勝地です。

お昼過ぎに到着して遊歩道を進んでいくと、まず最初に現れる木製の『こおろぎ橋』この橋の名前の由来は、行路が危なかったために「行路危」と称されたとも、秋の夜長に鳴くこおろぎの声に由来するとも言われているそうです。橋の両岸にはうっそうと木々が茂り、はるか下を流れる大聖寺川の淵には奇岩や怪石が突き出て、覗きこんだら足元が震えました(>_<)
              2013-06-09-13-20-16_deco.jpg             IMG_0058-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに進むと、今春で三年目となる新名所『鶴仙渓 川床』ここでは、名物の「冷製抹茶しるこ」や和の鉄人・道場六三郎プロデュースによる新メニューのスイーツ、加賀棒茶を味わうことができるみたいでしたが、行列ができていたので諦めました。
              IMG_0078-1.JPG             IMG_0083-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

少し休憩をとりさらに進むと、今度は鮮やかな赤紫がひときわ目をひく『あやとり橋』長さ80mのその名の通り、あやとりを模した造形でS字型にゆるやかにくねった橋は、ほんと素敵な橋でした。
             IMG_0094-1.JPG             IMG_0091-1.JPG  IMG_0080-1.JPG

 

そして、最後の『黒谷橋』当時木製だった橋は今は石橋に変わっていましたが、芭蕉が絶賛した景色に石橋が独特の風趣を添えていました。
往復約2Kmの遊歩道、昼下がりの散歩には最適な所でした!
              IMG_0101-1.JPG             IMG_0109-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

夕刻にはライトアップもあり、蛍も乱舞するらしく、より幻想的な雰囲気を味わう事ができるそうですよ!
そして帰りに、徳光で『うどん♪』定番ですね!(笑)
                                                       2013-06-09-15-52-11_deco-1.jpg

この時期は富山湾でホタルイカが獲れます。
先日、友達と岩瀬浜にて発電機を使い投光器で照らしgetしてきました。
富山県内では、当たり前のように食卓に並べられていますが

県外では意外と高級らしいですよ・・・・・
とりあえず、一匹目はライターで炙って食べました〔笑〕

DSC_0043.jpg

射水市の放生津地区で、毎年10月1~2日に行われる江戸時代中期より続く放生津八幡宮の秋季例大祭で曳き回される、富山県内最大数である13基の曳山の内ある1基の町内の方より、当日演奏する祭り囃子が良く聞こえる様に出来ないかとご相談を受け、供給できる電源に限りが有る事、取付け出来るスペースの事、音量・音質などいくつかの問題点を考慮して「UNIPEX製 コンパクト1DINサイズの車載アンプ」を紹介し納品してきました。
IMG_0003.JPG IMG_0002.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月22日(土)には新湊大橋開通記念巡行が行われ、爽やかなあいの風が吹く良く晴れ渡った秋空の下、設置した機械のテスト設定を行いました。マイクとスピーカーの距離や取付位置、音量調整など、海王丸パークまでの道中いろいろ試していただきました。ご要望を頂いた町内の方には大変満足していただき、ほっとしました。
当日は、新湊大橋開通記念で斜張橋が歩行者天国として一般開放され、多くの人で賑わっていました。僕も歩いて渡ってきましたが、橋の上まで祭り囃子が聞こえ気持ちの良い一日を過ごさせていただきました。
IMG_0022.JPG  IMG_0018-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海王丸パーク近くに並べられた11基の曳山!!
IMG_0006.JPG
『新湊大橋と海王丸と曳山』もう見る事が出来ないかもしれない景色!!
nda-202a.jpg

 

 

 

UNIPEX車載アンプは、
●小型でハイパワー
●使用電源:DC10~16V(12Vバッテリーマイナスアース専用)
●ギボシ端子の採用によりスピーカーとの接続も簡単
●マイク2回路と予備入力回路を備え、それぞれのミキシングが可能
など、今回のご要望には最適でした。

Copyright(c) Motoyoshi Electrical Materials Co.,ltd. Allrights reserved.